クリームチーズを使った簡単料理で、お料理上手に!

クリームチーズでカナッペを作ります

おはようございます、広島県の福山市駅前伏見町の大衆酒場福山バットで、働いているフレンチシェフの喜多村です。

 

今日はこれからのシーズンにピッタリな料理を紹介します

只今、大衆酒場福山バットではボジョレー・ヌーヴォーを販売中!そんな赤ワインに合わせたチーズ料理で、クイックでお出し出来るように冷製に仕上げた料理を今回はレクチャーしますね、

クリームチーズを使った簡単なカナッペです、バゲットに塗ってお召し上がりくださいませ

小さな器に盛り付けると簡単なのですが、見た目と主役のデーツ(なつめやしの実)を主張させる目的で中心に巻き込みました、巻いて切ることのメリットは食べる時の適量をコントロール出来ることです、

この料理のメリットを解説すると、簡単なレシピで、しかも日持ちもして料理上手に演出が出来ちゃいますから、クリスマスや正月など人が集まる時にサッとお出しする料理にも使えるレシピとしてストックしておけますよ。

 

小さな器で提供すると、バゲットが足りなかったり余ったりと数人でシェアして食べると遠慮で残されてしまうんです・・・日本人らしくはあるのですが、やっぱり最後まで美味しく食べていただきたいので、この盛り方にしました

???

それでは、レシピです

クリームチーズ・・・・250g

レーズン・・・・・・15g

白ワイン・・・・・・5g

セミドライフィグ・・・10g

くるみ・・・・・・・5g

塩・・・・・・・・少々

 

レシピはこんな感じです、福山バットではドライフルーツをデーツにしています、くるみもピスタチオに変えてちょっとリッチにアレンジしました。

 

肝心なクリームチーズですが、試した結果クリームチーズはフィラデルフィアが良かったです!一番メジャーなのはキリのクリームチーズですが、このレシピではフィラデルフィアが抜群に良かったです!

デーツについては、デーツは、「なつめやし」の実。
旧約聖書に登場する「生命の樹」のモデルとも言われ、古代から砂漠の民に愛されてきた果実です。
たっぷりの食物繊維をはじめ、カリウム、マグネシウムなどのミネラルを含む栄養素が
ギュッと含まれるだけでなく、素材そのままの甘みが小腹にうれしい、まさに女性の“ミカタ”フルーツです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました、ではサリュ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA