私のプロフイール① 憧れ編

僕が料理人を目指したキッカケと人物

1974年生まれの八白土星 寅年です

高校入学から数えて

料理歴29年になりました。

 

そもそもなぜ料理の道に入ったのかというと

それは遡ること私が10代前半の子供時代・・・・。

当時は、まだまだ日本はバブル全盛期

空前のグルメブームだったんですね。

そんな時代に、私の伯父が名古屋ヒルトンホテルの総料理長を務めておりまして、

よくグルメ番組なんかで伯父がコックコートを着て出演していたんです。

それをよく見ていた当時の私は

谷岡 隆グランシェフ

(ベルギー、フランス、カナダで研鑽を積み、国内外で数々の料理コンテスト入賞。世界のヒルトンで、初の日本人総料理長)

「伯父さんかっこええ~キラキラ」

って憧れたものでした。

そんな伯父を見て、”伯父さんみたいになりたい”って小学生の時から料理の道に進もうと決めたいたわけなんです。

それで、高校進学の時、私が住んでいる地域よりは少し遠いんですが、

調理科があるという理由で、岡山県の山陽高等学校に進学しました。

もう、憧れの職業に就けるっていうのもあって、料理の勉強はすごくしましたね(他の勉強は・・・・でした)

他の生徒さん達とは、目標も違いますから、

割と優秀な成績で卒業出来たと思います。

その後、”もっとフランス料理を勉強したい”と思いまして

料理の東大(東京大学のことね)

と言われている

辻調理師専門学校

の門をたたいたのです。

やはりそこでも、他の生徒さんは高校を卒業してから料理を始めているひとも多く、

私は他の生徒さん達とは3年早くスタートを切っているので、かなり優秀な成績でした。

なので、実習の時などは、

先生に

「もっと高度なことを教えてください!」炎

なんて要求して困らせたものです。

この時に妙なエリート意識と言いますか、

出来て当たり前、自分は周りの人より出来て当然

の精神ができてしまったんです。(それが後々苦労することになるですが・・・)

そして、これからフランスに渡ることになります。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA