野菜を使ったお家で出来ちゃう本格フレンチ

フェンネル(ウイキョウ)を使ってポタージュスープを作る

おはようございます!フレンチシェフの喜多村です

 

快晴ですね~お友達の麦田さんから「喜多村さんフェンネルあるけどいる?」って連絡をいただき喜んでもらいにに行きました

小さなお店・会社の
新規集客⇒リピートの仕組みを作りを福山の企業を中心に教えている
地域集客コンサルタントの麦田さんはプライベートファームを持っていて『むぎむぎファーム』で美味しい野菜を沢山育てています、詳しくはこちらをクリック⇓

 

https://officemugi.com/archives/1516

 

いただいて来たフェンネル(英語)がこちら日本名でウイキョウ、フランス語でフヌイユと言って料理上手や料理好きには興味をそそられる野菜でスーパーではなかなか会えない野菜です

 

見た目はディルと見た目がよく似ていますが香りはディルよりも優しく歯ごたえはディルよりもしっかりしています、フェンネルをよく使うのは主に魚料理なんですが今日は家族でフェンネルを味わいたいので簡単にスープにします!

 

本来ならばフェンネルのスープはフェンネルの株の部分で作ります、今回いただいたのはフェンネルの葉の部分なのでアレンジをしたフェンネルスープに仕上げました

 

アレンジをどのようにしたのか説明すると香りの主役をフェンネルにして甘みを新玉ねぎから丁寧に炒めて滲み出してとろみを新じゃがから引き出してみました、足し算の料理ですね

 

お家で簡単にちゃちゃっと仕上げたいので基本的なプロの調理もポイントだけ抑えてショートカットしました、煮込むことで出てくる野菜の甘みや旨味風味を短時間で仕上げるために加熱調理を2口同時にスタート

 

一つの鍋では玉ねぎとじゃがいもを煮込みながらフェンネルは別のフライパンで調理しました、なぜかと言うとフェンネルの葉はカタくて長時間煮込まないと煮崩れないからです、スープ=野菜の煮崩れピュレですが今回は煮込んだ風味を煮汁に移すイメージで調理しました

???

後はスープ作りで頼りになるハンドブレンダーバーミックスにお任せして粉砕!粉砕!!フェンネルがピュレになれば濾して合体!!!

 

仕上げに牛乳と生クリームでポタージュスープの完成です

フェンネルはあまり馴染みが無くどちらかと言うと大人の味わいです、子どもたちは食べてくれるかな~と心配していましたがおかわりするくらいの大人気でホッとしました

麦田さん我が家に美味しい野菜をありがとうございます、出来上がったフェンネルスープのベースを今度は僕から麦田さんへプレゼントします、フレンチシェフ喜多村として家族を代表するパパとしてお礼させてくださいませ

湯煎して温めた後にゆっくりと沸かして仕上げは牛乳でクリーミーなポタージュスープにしてください、あれば生クリームで旨味とコクをプラスしていただきますとより本格的なプロの味になりますよ

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました、またね~サリュ~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA