私のプロフイール ⑥ 韓国料理編

フレンチから韓国料理の世界へ

ニューキャッスルホテルで、コンクールに出場させていただき、

その後も、しばらくホテルのメインダイニングでソーシエ(フレンチでソースを作る重要なポジション)のお仕事を続けていましたが、

この頃から少しずつ私の心境に変化がありました。

私は、料理を通してお客様の笑顔を見るのがすごく好きなんです。

ホテルで働くのはすごく居心地もよくて、料理人としてのやり甲斐もあり充実していたのですが、

お客様との距離が少し遠い・・・・。

本当に自分のやりたいことや目指すことって、小さい頃からの夢”ホテルの総料理長”なんだろうか?

そんな気持ちになり、

徐々に

もっとお客様の笑顔に近いところにいられる料理人

 

独立してオーナーシェフになる!

という心境に変わり始めました。

次第に、私の中でその気持ちが大きくなっていき、

自分の人生に後悔はしたくない性分

とお世話になったニューキャッスルホテルを退職しました。

その後、”独立してオーナーシェフになる”という夢を持った私が選んだのは、

福山の有名焼肉店

やきにく 孫悟空に就職でした。

 

なぜ?フレンチ焼肉

なんて友人から聞かれることもありましたが、

それは、接客が素晴らしかったからなんです。

お肉ももちろんおいしいのですが、

ホールのスタッフの方達のおもてなしの精神に感動して、

是非ここで接客とそのための社員教育について、広川永哲社長から学びたい!!

と思い、そちらで働かせてもらいながら独立の準備を進めるのでした。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA